オーパーツ,クリスタル・スカル,水晶の髑髏

オーパーツ,クリスタル・スカル,水晶の髑髏のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

オーパーツ,クリスタル・スカル,水晶の髑髏

オーパーツとは、「場違いな加工品」のことである。
Out Of Place ARTifactS,故にOOPARTS。

インディー・ジョーンズでも有名な水晶の髑髏(どくろ)。クリスタル・スカル
今までに世界中で十数個の存在が確認されているが、
一般には1927年、イギリスのF・A・ミッチェル・ヘッジスが
中米ベリーズ南部の遺跡「ルバアントゥン」で発見したとされるものを指すことが多い。
「ミッチェルの水晶髑髏」別名を「ヘッジス・スカル」「ヘッジスの水晶髑髏」。
ミッチェルの愛娘アナの17才の誕生日に発見されたという。

ところが、彼らが遺跡の調査を中断してクリスタル・スカルを私蔵したため、様々な憶測を呼んだのだ。
このクリスタル・スカルは、実物大で、解剖学的にみても精巧に造られている。
しかし、髑髏を発見したとされる日、既にヘッジスはイギリスに帰国しており、
一説には発見者とされるアナはベリーズに入国した形跡も無いことも判明している。
そのため、ベリーズの遺跡で発見されたものであるかは疑わしいとの主張もある。

カリフォルニア州にあるHP社研究所における1970年代の分析結果によると、
ヘッジス・スカルは、1個の水晶から造られていて、下顎骨部分は、取り外し可能である。
また、所有者たちはスカルに特殊な力があると主張しているが、現在検証をさせてもらえない。
・下から光を射すと、眼窩に光が集中し、その光を凝視していると1分弱で大半の人が催眠状態に陥る
・太陽の光を当てると全体が美しい虹色に光る
・ロウソクの炎を当てると神秘的な紫色に光る
そのため、もし現在の技術や手段を用いてスカルを造ったとしても、
この特殊なレンズ効果は今もって仕組み・構造がわかっておらず、
今の最先端技術をもってしても再現は不可能であると主張している。

ヘッジス・スカル以外のクリスタル・スカルは以下の通り。
・ブリティッシュ・スカル
 大英博物館所蔵
・パリス・スカル
 パリ人類博物館所蔵
 頭の天辺から底辺まで、垂直な穴が開いている
・レインボー・スカル
 2006年テレビ朝日系「ドスペ!古代ミステリー秘宝殿」に出品
・ETスカル
 フロリダ個人所有。前頭葉と上顎が突き出しているためETだそうだ
・シャ・ナ・ラー・スカル
 サンフランシスコ個人所有
 1959年にメキシコの山中で発見したというが、パスポートなどの証拠は不明
・マヤ・スカル
 グアテマラ発見。
 マヤの神官所有とされているが、発見場所の記録・神官が所有していた証拠はない
・アメジスト・スカル
 アメジスト(紫水晶)で作られたスカル。現在行方不明
・ローズ・スカル
 メキシコで発見。薔薇水晶で作られたスカル。下顎骨部分が取り外し可能
・カース・スカル
 スミソニアン博物館所蔵。内部が空洞。
 カーボンランダムという研磨剤の加工痕が検出され、1950年代以降作成と判明

他にも「57ポンド・スカル」「ヘルメス・スカル」「イカボッド・スカル」
「マドレ・スカル」「マハサマトマン・スカル」が存在する。

クリスタル・スカル共通の特徴として
・道具による加工痕もひびも入っていない
・水晶の石目を無視して彫られている
・復顔をした場合、「モンゴロイド(マヤ人含む)の顔立ち」になる(年齢特定は不可)
・制作年代は不明
が挙げられる。
これらのスカルの素材となる水晶は硬度の高い物質であり、また割れやすく加工は難しい。
現代の機械を使用せず、時間をかけて磨いていけば人間の手でもスカルへの加工は可能と言われているが、
人力による手作業では300年以上はかかるとする見解もあるし、
手作業でも半年もあれば制作可能という報告もある。
オーパーツは、異端的なモノ故に、熱心に研究されないのだ。

他にも話はあるのだが、疲れたのでこれで終える。
続きはまた別の機会に。

レンズ効果を考えなければ、ストーン・マーケットなどで購入可能だが、そこは古代の歴史ロマンに反します。




banner_01[1].gif
人気ブログランキングへ←クリスタル・スカルの謎を解け

スポンサードリンク

Category オーパーツ

雑学王子の部屋のオーパーツ,クリスタル・スカル,水晶の髑髏のリンクについて

雑学王子の部屋のオーパーツ,クリスタル・スカル,水晶の髑髏のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。